トップページ > 働く福祉施設「はばたき職業センター」 > 就労移行支援事業とは?

はばたき職業センターでの就労移行支援事業とは?

障害福祉サービス事業所・はばたき職業センターの就労移行支援では、基礎作業評価・就職に向けた課題の確認 〜 課題に伴う訓練・就労に必要な知識やマナーの習得 〜 一般企業等の見学・実習 〜 面接指導 〜 就職後の定着支援(継続的な就労を目的とした相談支援)を行っています。

施設パンフレットはこちらをクリック(PDF 3.4MB)

就労移行支援での具体的な支援内容

 T 基礎支援 〜個別支援計画・基礎作業評価・就職に向けた課題の確認

ご本人の障害状況・労働適性を確認し、効果的な支援を行うために個別支援計画を作成します。
この計画はご本人だけでなくご家族の意見も参考に作成します。
また、客観的な障害状況や学力・労働能力・労働適性等をより深く理解・確認するために1〜2ヶ月と比較的長期間かけて基礎作業評価を行います。



 U 就労支援 〜課題に伴う訓練・就労に必要な知識やマナーの習得

清掃訓練

午前は清掃訓練を中心に行います。清掃に対する知識や技術を学ぶとともに、就労後での職場内コミュニケーション能力も意識し、利用者間で協力し合いながら行います。
午後は、就労に向けた基本的なマナーを身につける訓練や、個々の課題達成に向けた学習、パソコン操作訓練、作業訓練を中心に行います。常にスピード・品質を意識して実践的な取り組みを行います。



就職情報掲示版

 V 求職支援 〜ハローワーク同行支援・実習・面接

毎月1回、ハローワークへ同行支援を行います。希望する求人情報に対しては、企業への見学・実習・面接試験等の調整を行います。
また、実践的訓練を目的として提携企業での職場実習を行います。



 W 定着支援 〜就職後の職場定着支援

就職後6ヶ月間、毎月1回以上の状況確認を行います。
実際には就職した後に課題が発生することも多く、就職先企業と情報共有し課題克服をサポートすることにより、長く安定して働けるよう支援・調整を行います。



就労移行支援事業の流れ


はばたき職業センター・就労移行支援事業についてのお問合せは…

障害者就労支援事業課  TEL 047−488−8813  FAX 047−488−8384

ページトップへ戻る
Copyright(C) 社会福祉法人 八千代市身体障害者福祉会 All Rights Reserved.   当サイトに掲載されている文章・画像等の無断転載はご遠慮下さい。