トップページ > 法人沿革

法人沿革History

八千代市身体障害者福祉会は、身体障害者自らが『身体障害者の自助・自立と障害者福祉の向上』を図ることを目的に、1967年5月2日に障害者種別を統合する障害当事者団体として創設されました。以来、障害者の権利向上・地域福祉のために当事者による当事者のための活動を行なってきました。また、一般市民も広く関心を持てるよう啓蒙・広報活動にも力を入れてきました。
社会環境や福祉制度の変化の中、現在では地域福祉増進のための地域生活支援事業と障害者の働く権利の向上を目指す就労支援事業の2本柱を中心に福祉向上のための事業を行っています。

1967/ 1 八千代市制 誕生
5 八千代市身体障害者福祉会 創立
10 第1回一泊社会研修 実施
11 会報増刊号 発行
1970/ 1 会報名が「はばたき」に決まる
1975/ 6 第1回手話講座 開講
1976/ 6 『身体障害者が働く拠点施設づくり』を総会にて議決。取り組む方針とする。
10 第1回チャリティーショー 開催(1990年まで通算14回 開催)
12 社会福祉協議会内に福祉会事務所を設ける。
1977/ 4 八千代市役所内に「身障者作業所等研究協議会」設置
市民向け「身障福祉大学校」各種講座を実施
1978/ 4 第1回点訳講座 開講
1979/ 4 第1回書道講座 開講
車イス貸出し事業 開始
1980/ 2 社会福祉法人の認可を受ける。
4 身体障害者通所単独授産施設「はばたき職業センター」開所
1981/ 6 国際障害者年 記念事業:障害者体験記「それぞれの旅」発刊
1982/ 10 八千代市市民会館内売店「はばたきショップ」運営開始
1985/ 4 八千代市身体障害者スポーツ大会 開催
1987/ 3 八千代市身体障害者ガイドマップ「風にのって」発刊
1990/ 6 八千代市手話通訳設置事業 開始
1994/ 4 福祉車による重度車イス常用者送迎事業 開始
1995/ 6 八千代市手話通訳者派遣事業 開始
12 第1回とっておきの福祉まつり 開催
2002/ 10 第1回ボランティア講座 開講
2003/ 4 視覚障害者ガイドヘルパー派遣事業 開始
6 手話奉仕員養成講座 開講
2006/ 4 重度車イス常用者送迎事業が福祉有償運送事業にリニューアル
2007/ 3 災害シンポジウム 開催
2008/ 5 要約筆記派遣事業 開始
2009/ 4 「はばたき職業センター」新事業体型移行
指定就労移行支援・指定就労継続支援B型の多機能型事業所へリニューアル
2013/ 4 指定特定相談支援事業所「はばたき相談支援センター」 開所
2015/ 4 指定特定相談支援事業所「きらめき支援センター」に名称変更
2016/ 4 「はばたき職業センター」事業定員拡大
就労継続B型事業 30名   就労移行支援事業 10名
2017/ 6 「はばたき職業センター」就労移行支援事業 定員変更 6名
2018/ 4 「はばたき職業センター」指定就労定着支援事業 開始
ページトップへ戻る
Copyright(C) 社会福祉法人 八千代市身体障害者福祉会 All Rights Reserved.   当サイトに掲載されている文章・画像等の無断転載はご遠慮下さい。