トップページ > 働く福祉施設「はばたき職業センター」

はばたき職業センターは、働くことをあきらめない…そんな想いを受け止めたい

障害福祉サービス事業所・はばたき職業センターでは、「働く」ことを通して障害者の社会参加と働く権利の向上を目的に、就労支援サービスを提供しています。
施設内での生産活動を通して、自分なりの働くを探す「就労継続支援B型」、一般企業等への就労を目指し訓練や企業実習そして実際の就職活動を行なう「就労移行支援」を軸に、障害者への就労支援を展開しています。


施設パンフレットはこちらをクリック(PDF 3.3MB)

「施設利用者の一日に密着」は こちらをクリック

施設内作業を通して社会参加と自立を目指す 〜就労継続支援B型

就労継続支援B型では、利用者が働くことを通して生きがいや喜びがもてるよう、作業技術や社会性の向上を念頭に、利用者個々の目標達成を目指しています。
印刷作業園芸作業受注生産作業を中心に利用者への作業の提供を行なっています。



基礎訓練や企業実習などを通して一般企業での就労を目指す 〜就労移行支援

就労移行支援事業イメージ

就労移行支援では、外部機関や民間企業とも連携し、個人能力診断や企業実習を行ないながら、社会性の向上(挨拶・返事・職場マナーの徹底)〜基礎学力の向上(漢字などの読み書きや計算練習)〜職安への同行〜面接等への対策〜必要な技術習得(パソコン等の学習)〜就労後の定着支援 を行なっています。就職後についても、必要に応じて就労支援員が企業訪問し職場定着のための支援を行ないます。


作業・訓練以外での生活支援(健康管理や生活相談 等)

昼食の様子

はばたき職業センターでは、作業や就労訓練以外においても、安全で充実した日常を送れるように、様々な支援を行なっています。


個別支援計画〜利用者個々の様々な目標をより明確に

はばたき職業センターでは、就労継続支援B型・就労移行支援に共通して、施設利用の際に個別支援計画を作成します。作業面での目標、生活面での目標、また一般就労に向けた目標など、はばたき職業センターをどんな目的で利用したいのか? を明確にし、それに対しての施設で提供可能なサービスを具体化し、より確実な支援を行なうためのものです。本人やご家族に対して個別支援計画の説明と同意を得た後、この計画を中心に目標に向けた支援が始まります。また定期的に計画が「どこまで進んだか?」や、「目標の変更がないか?」等の確認をしながら、一人ひとりの目標の達成・自己実現を目指しています。


施設利用までの流れはばたき職業センターを利用するにはどうすればいいの?

生活支援面接の様子

施設利用契約の前に、2週間程度の施設利用実習を行っていただき、ご自身の施設利用目的と施設が提供できる就労支援サービスが合致しているか、確認して頂きます。
他に、事前にお住まいの市にある指定特定相談支援事業所でサービス等利用計画の作成、市による施設利用受給者証の交付が必要となります。
生活支援員が 施設の説明〜サービス利用等計画・施設利用受給者証の発行申請〜施設実習までしっかりとサポート致します。
まずは、はばたき職業センターまでご連絡下さい。



はばたき職業センターについてのお問合せは…

はばたき職業センター  TEL 047−488−8813  FAX 047−488−8384

ページトップへ戻る
Copyright(C) 社会福祉法人 八千代市身体障害者福祉会 All Rights Reserved.   当サイトに掲載されている文章・画像等の無断転載はご遠慮下さい。